オートルートの3日目。

20190729morly-017

シャトープレー湖から、モアリー氷河のアイスフォールが迫るモアリー小屋までのトレッキングだ。


なぜに2日目の記事がないのかというと、ディス小屋からの下りは、のっけから雨でカメラも出せず、しかも折からの雨の影響もあり、アローラへの峠越えが落石多発で断念、そのままディス湖へ引き返し、大型タクシーでアローラへと迂回することになったのだ。
雨で食べることもできず、ディス小屋のサンドイッチはアローラのホテルで。

一晩休養し、アローラからTAXIでシャトープレー湖まで上がる。
ここが登山口。

20190729morly-001

快晴だ!
しかも目指す氷河は真正面に見えていて、最大望遠で見ると、岩の稜線の上にちょこんとモアリー小屋も見える。(ほぼ視力検査の世界)

20190729morly-002

ゆっくりと準備をして歩き出す。

20190729morly-003

のっけからあたりはお花だらけ。

20190729morly-004

昨日の雨雫がキラキラと輝く。

20190729morly-005

確か、ガイドの方が錬金術のように水滴がキラキラと輝く…という意味で「ダイヤモンドアルケミー」という菜の花だと聞いた気がするのだが、検索しても出てこない(この時点では腰の痛みでまだ花どころではない)

モレーン上の雪渓を歩き、

20190729morly-006

奥にある岩稜帯へ取り付いて、一気に高度を上げていくのだ。
(あの真ん中の肩あたりにモアリー小屋がある)

振り返るとシャトープレー湖。

20190729morly-007

目の前に氷河と岸壁が迫ってきた。

20190729morly-008

さらにラストスパートで、モアリー小屋が見えた!

20190729morly-009

小屋のテラスからはこの風景。

20190729morly-010

こりゃ、さっそくビールでしょ!

まだ時間が早いので、このテラスでランチ。
小屋の売店兼厨房に飛び込んで買ってきたビール。

20190729morly-011

いや、絵になりますな~

20190729morly-012

ホテル特製のサンドイッチのランチセット。
(すでに重いのでバナナは食べてしまっている)

20190729morly-013

パンの中は、生ハム~

20190729morly-014

これがうまいのなんのって。
まあ、この景色ですからねー。

絶景山めしランチに乾杯!

20190729morly-015

ふだんポテチなどほとんどたべないのだけど、このスイスのポテチ、めちゃうま。
ビールがとまらんですわ。

20190729morly-016

モアリー小屋は、この石造りの建物が宿泊棟で、

20190729morly-018

廊下で連結されたこちらが、食堂(いや、ダイニングと呼ばせてください)

20190729morly-019

大きなガラス張りですごい眺め。
内側から。

20190729morly-020

食後、裏手の山を散歩すると、こんな景色が目の前に迫る。

20190729morly-021

200mくらい上から見る、モアリー小屋。
なんてとこに建ってるんだ。。。

20190729morly-022

ヨーロッパアルプスの絶景山小屋、モアリー小屋。

ここの山小屋ごはんは、来週の山めし礼讃で。
明日の山めし礼讃は、前後するけども、アローラの歴史あるプチホテルのディナーの話を。