<2017年12月28日 追記修正>

赤岳鉱泉の雪のテント場で爆睡。
-20℃を覚悟していたのに、それほど寒くない。
やはり雲が上空を覆っているのか・・・とそんなことを考えながら目覚めて4時。

20150113iou-009.jpg

さて、今日は雪の硫黄岳を越えて、稲子湯までの冬山、八ヶ岳縦走だ。





硫黄岳へのアクセス 登山口と駐車場


・美濃戸口からの登山口
 八ケ岳のメイン登山口のひとつ、美濃戸口。
 自家用車、タクシー、路線バスもJR茅野駅から美濃戸口までの便があります。
・桜平登山口
 夏沢鉱泉のある、桜平の登山口には、自家用車とタクシーでアクセス可能。
 路線バスはありません。桜平には無料の駐車場がありますが、冬季は林道が凍結したり、積雪が多くて通れないことも。

硫黄岳の山小屋 テント場


硫黄岳の周辺には、通年営業の赤岳鉱泉や、夏沢峠にある山びこ荘(冬季休業)、夏沢峠の手前にあるオーレン小屋(冬季休業 冬期小屋あり)、そして通年営業している夏沢鉱泉、稜線上には硫黄岳山荘(冬季休業)などがあります。赤岳鉱泉、オーレン小屋にはテント場も。

硫黄岳の登山シーズンと難易度


硫黄岳は、山頂付近がなだらかなこともあり、同じ南八ヶ岳の赤岳や横岳といった岩稜の山と比べると、夏山シーズンには比較的登りやすい山です。冬期も、赤岳、横岳に比べれば難易度はやや低くはなりますが、冬期には強風地帯となり、かなりシビアな冬山になることもありますので、雪山経験者との同行は必須です。

硫黄岳への登山コース コースタイム 日帰り山行について


・美濃戸口 → 赤岳鉱泉 → 硫黄岳(コースタイム 5時間10分)
・桜平 → 夏沢峠 → 硫黄岳(コースタイム 2時間40分)

夏シーズン、車で桜平までは入れれば、桜平から夏沢峠経由で硫黄岳を往復するのが最短距離で、日帰りも可能です。
あるいは、同様に夏季シーズンに美濃戸まで車で入れば、1時間ほどコースタイムを短縮できるので、健脚者なら美濃戸から硫黄岳への日帰り往復も可能です。
今回、私は美濃戸口までバスで入り、一日目は赤岳鉱泉にテント泊。翌日、雪の硫黄岳を越え、稲子湯へ下り温泉で一泊、というコースでした。

硫黄岳登山記録 冬の硫黄岳を越えて


パンとホットティーの簡単な朝飯をすませ、凍ったテントを撤収。

入念にストレッチをし、スクワットをしてアイゼンピッケルで完全冬山装備。
5:30に赤岳鉱泉を出発。

まだ真っ暗な中、雪のトレースを歩き出す。
雪も凍っていて、アイゼンがよくきく。

冬山テント装備一式を背負い、汗をかきながら登っていくと、やがてあたりが少し明るくなってきた。

20150113iou-001.jpg

起床した時にはチラッと月も見えたので、ほんのり期待していたのだが、残念ながら天気は悪いようだ。

ようやく硫黄岳の見える斜面にきたが、一面真っ白け。

20150113iou-002.jpg

稜線はそうとう積雪があると聞いていたので、雪崩に注意しながら赤岩の頭へ。

ピッケルもすっぽり埋まり、このあたりは2メートル以上積もっているようだ。

20150113iou-003.jpg

赤岩の頭から、硫黄岳方面を見るが、数十メートル先にあるはずの道標も見えないくらいの悪天候。

20150113iou-004.jpg

しょうがないので、強風と雪に備え、ネックゲーターをしっかりあげて、吹雪の中へ突っ込む。

風に足をすくわれそうになりながらも耐え、じりじりと稜線をつめ、頂上直下に。

やはり夏道のコースは雪があまりに深くて、この岩を乗り越えるしかなさそうだ。

20150113iou-005.jpg

7:30 硫黄岳山頂。

20150113iou-006.jpg

なにもかもが凍っている。
強風に閉口しながら、これ以上山頂にとどまっていられなくて、そそくさとザックを背負い直し、歩き出そうとすると、2人組に出会う。

横岳から赤岳を目指していたそうなのだが、やはりこの強風で危険を感じて引き返してきたらしい。

ここからがまた正念場。
西風をモロにうける硫黄岳の北側斜面を、慎重にアイゼンをきかせて風の間隙をぬいながら下っていく。

樹林帯にはいってホッと一安心。
8:10 夏沢峠。

20150113iou-007.jpg

小屋はすでに冬季休業だが、建物の陰に隠れテルモスのお湯で水分補給。

ここからしばらくは樹林帯の森の中だ。

箕冠山 9:20
この先が本日のハイライト。
強風帯の根石岳鞍部から、根石岳、そして東天狗岳の登りだ。

20150113iou-008.jpg

吹雪と烈風の戦いに備え、ゴーグルまでつけて完全防備。

まさに根石岳の強風帯にさしかかるところで、前方から8人くらいのパーティがやってきたのだがどうも様子がおかしい。

ひとり強風で飛ばされたのか、仲間に支えられて運ばれてくる。
ものすごい風なので、声も聞き取れず詳しいことはわからずじまいだったが、どうもかなりヤバそうだ。

根石岳山荘の前は、言語道断の烈風で、吹き飛ばされかける。
なんとか登山道脇の杭にしがみついて事なきをえた。

むむむ、これはかなり手強い。。。

それでも決心は固く、慎重に根石岳を登りきる。

20150113iou-009.jpg

しかし、戦えるのもここまでであった。

天狗岳方面は強風と雪の嵐。

20150113iou-010.jpg

ここは安全をみて引き返すしかなさそうだ。

サッと踵を返し、もう一度根石岳の鞍部の猛烈な風と戦い、樹林帯へ逃げ込む。

後はフルスピードで夏沢峠まで。

20150113iou-011.jpg

10:20 再び夏沢峠。

ここから本沢温泉に下り、しらびそ小屋経由で稲子湯まで降りるしかない。

20150113iou-012.jpg

悪天候だからか、3連休の中日だというのにほとんど人には出会わない。

20150113iou-013.jpg

11:00 本沢温泉。
ここでしばし休憩して行動食をとり、

20150113iou-014.jpg

静かな森をぬけて、12:30 しらびそ小屋到着。

20150113iou-016.jpg

ここでも雪が降り始め、

20150113iou-017.jpg

残念だが、天狗岳も見れずじまいで、またのリベンジを心に期し、しらびそ小屋を後にする。

20150113iou-018.jpg

ひたすら雪道を下り、
14:30 稲子湯到着。

20150113iou-019.jpg

朝 5:30から、かれこれ9時間ほど、冬山テント装備一式を背負い悪天の中を行動していたので、さすがに疲れを感じたが、なんだかカラダはすっきりした。

さて、凍えた身体を稲子湯のお湯で温めて、うまい稲子湯の夕食とビールで生き返ろう(笑)

あとは稲子湯の静かなお湯に浸かりつつ、一年の計を巡らすのだ。